武術家「私と突き合ってくれ!? いいだろう!」女「いや、違う……」

1 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/11/14(土) 14:04:14.117 ID:gIoh9ZpL0.net
武術家「このところ、俺の道場の周辺をうろついてるが……何か用かな?」

女「…………」

女「これを」スッ

武術家「手紙?」

『私とつき合ってください』

武術家「私と突き合ってくれ!? つまり俺と試合したいのか! いいだろう!」

女「え」

武術家「女性ながらかなりの闘気を感じたが、やはりそういうことだったか! ささ、中へどうぞ!」

女「いや、違うんだが……」

129 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/11/14(土) 18:22:21.166 ID:gIoh9ZpL0.net

武術家(しかし……まだ早い気がするッ! まだ心の準備が……ッ!)

武術家「俺と突き合ってくれ!」バッ

女「ああ、突き合おう」ババッ

弟子(残念……だけど、師匠らしいや。この二人はこれでいいんだ)

弟子「お二人とも、ボクも勉強させてもらいます!」

―おわり―

28 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/11/14(土) 14:43:22.586 ID:gIoh9ZpL0.net

一方――

弟子「師匠は女さんのことをどう思ってますか?」

武術家「とても素晴らしい武術家だと思ってるよ」

弟子「…………」

武術家「だが、なぜだろうな。彼女のことを想うと……試合とはまた違う高揚感が生まれるのだ」

武術家「稽古などしなくてもいい。“ただ一緒にいたい”と思ってしまうんだ」

武術家「こんな感情を抱くのは初めてだ。道場経営の不安さから、精神がたるんでしまったのだろうか」

弟子「…………!」

弟子「違いますよ! 師匠、それは恋ですよ!」

武術家「恋?」

25 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/11/14(土) 14:35:26.413 ID:gIoh9ZpL0.net

ある日――

武術家「では稽古始めっ! 突きは槍の如く!」

「えいっ!」 「せやっ!」 「たあっ!」

中年「せやぁっ!」

中年「ふぅ、ふぅ……」ヨロヨロ

武術家「おっと、無理をなさらず。体を壊さないようにするのもまた武術です」

中年「これはどうも……」

女「活気があるな。いいことだ」

弟子「一般稽古の日はこれぐらい人が集まるんですよ」

弟子「ただ、最近は駅前に新しく出来た格闘ジムの影響で、あまり入門者が来なくって……」

女「焦ることはない。彼なら道場を潰すようなことはないだろう」

弟子「そうですよね」

119 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/11/14(土) 17:58:23.008 ID:gIoh9ZpL0.net

武術家「お前たちに同調する者はいなくなったな……さあ、どうする」

オーナー「う、うぐぐ……くそっ、こんなはずじゃ……どいつもこいつも……」

オーナー「ぐぞぉぉぉっ……!」ダッ

師範「ま、待って下さいぃ!」ダッ

敗北を悟り、逃げて行く二人。

武術家「…………」

武術家「終わった……か」ガクッ

ドサァッ…

弟子「師匠ッ!」

女(やはりギリギリの戦いだったか……お疲れ様)

80 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/11/14(土) 16:38:10.032 ID:gIoh9ZpL0.net

女「夕食ができたぞ」

武術家「おおっ、うまそうだ!」

弟子「ボクたち二人とも料理は苦手なんで、助かりますね」

弟子「いただきます!」

ガツガツ… ムシャムシャ…

武術家「おかわり!」

弟子「おかわり!」

女「二人とも、よく食べるな。いいことだ」

武術家「腹が減っては戦はできんからな!」

弟子「はいっ!」

111 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/11/14(土) 17:41:17.577 ID:gIoh9ZpL0.net

兄「腕を上げたな……ここまでやるとは」

兄「ならば……この脚力で生み出せる最大の戦術を見せてやろう」グッ…

武術家「…………?」

ギュンッ!

武術家(速――)

ドゴォッ!

武術家「が、はっ……!」

凄まじい速さの突き。全く反応ができなかった。

121 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/11/14(土) 18:01:48.154 ID:gIoh9ZpL0.net

……

……

治療を終え――

武術家「さっきはいい試合ができたよ」

大男「へっ、完敗だったぜ」

女「この腕……完治が早いように折ってくれていたのだな」

細身「ヒヒヒ……親友の妹だからなァ。俺だってそこまで薄情じゃねえさ」

武術家「これから、あなたたちはどうするんだ?」

兄「…………」

101 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/11/14(土) 17:20:17.639 ID:gIoh9ZpL0.net

――が、これこそが狙い。

女は渾身の蹴りを放つ。

女(斧の如く――)

女「はあっ!!!」

ドゴォッ!

細身「お、重……ッ」グラッ…

ドザァッ…

弟子(今のは……師匠の蹴りだ!)

武術家(見事……! 俺が彼女から学んだように、彼女もまた俺から学んでいた……!)

8 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/11/14(土) 14:10:22.315 ID:gIoh9ZpL0.net

すると――

女「…………」フワッ…

武術家(と……飛んだ!?)

武術家(まるで浮いてるような……なんて跳躍だ!)

スパァンッ!

蹴りが入る。

武術家「うぐっ……」ヨロッ

武術家「突き合いといっておいて蹴りでの攻撃……なんという高度な戦略! 素晴らしいッ!」

女「いや、違う……」

70 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/11/14(土) 16:15:12.122 ID:gIoh9ZpL0.net

武術家「はああああっ!」

ガッ! ドガッ! ガガッ!

拳でのラッシュからの――

武術家(斧の如く!)

ズドォッ!

蹴りがクリーンヒット。

天狗面「む……!」

天狗面「ならば……舞うとしよう」ブワッ!

武術家(飛んだッ!?)

123 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/11/14(土) 18:08:41.565 ID:gIoh9ZpL0.net

弟子「……行っちゃいましたね」

武術家「彼らの実力なら、心を入れ替えその気になれば、どこででも活躍できる」

武術家「必ずや格闘界にその名を刻むことになるだろうさ」

弟子「お兄さんとは、別れてしまってよかったんですか?」

女「ああ、これでいいんだ」

女「ラインは交換したしな」

弟子「したんですか!」

女「『たまには実家に帰れよ』っと……」ポチポチ

女「お、『分かった』と返事が来た」

弟子「返事早い!」

武術家「羅印? うむう、強そうな技だな……」

弟子「その変換はおかしすぎますって!」

45 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/11/14(土) 15:17:39.992 ID:gIoh9ZpL0.net

<道場>

弟子「師匠、お帰りなさい。デートはどうでした?」

武術家「大成功だ」

武術家「二人で映画を見たり、組み手をしたり、暴漢を倒したり……」

弟子「2/3がデートって感じじゃないですね」

弟子「ところで、手は握りました?」

武術家「…………ッ!」

武術家「忘れていたッ! 一生の不覚ッ!」

102 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/11/14(土) 17:21:52.166 ID:aZvlzTVYr.net

熱い展開だ

74 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/11/14(土) 16:24:39.022 ID:gIoh9ZpL0.net

オーナー「なにをいってるんだ! トドメを――」

天狗面「俺たち三人はあくまで金で雇われてるだけ。お前の手下になった覚えはない」

オーナー「ぐ……!」

弟子「師匠!」ガシッ

武術家「う、うぅ……」ズルズル…

天狗面「それにしても――」

天狗面「弟子にかばわれるとは、情けない師匠もあったものだ」

武術家は弟子に連れられ、格闘ジムを後にした――

57 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/11/14(土) 15:45:02.911 ID:/tBNLX7Fr.net

これはひどい

132 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/11/14(土) 18:37:30.760 ID:UEFgxKrG0.net

面白かった乙

126 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/11/14(土) 18:16:28.575 ID:gIoh9ZpL0.net

稽古が終わり――

「お疲れ様です!」 「あー……疲れた」 「クタクタだぁ〜」

ワイワイ…

女「今日もいい稽古ができたな」

武術家「…………」

女「? どうした?」

武術家「……あの」

弟子(師匠?)

武術家「君と知り合って……もうずいぶん経つ……。だから……」

34 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/11/14(土) 14:56:46.461 ID:eDmxz/6FM.net

しえん

133 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/11/14(土) 18:42:48.118 ID:aZvlzTVYr.net


末長くお幸せに突き合ってくれ

40 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/11/14(土) 15:09:50.881 ID:gIoh9ZpL0.net

武術家「何をしているッ!」

DQN「あ?」

女「人から金銭をたかるというのは感心しないな」

金髪「なんだてめえら……!」

武術家「通りすがりの武術家だ」

DQN「上等だよ。腕試しにゃもってこいだ!」ダッ

金髪「オラァッ!」ダッ

武術家(この二人の動き……素人ではない!)

26 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/11/14(土) 14:38:18.125 ID:gIoh9ZpL0.net

弟子「お疲れ様です! ドリンクをどうぞ!」

女「ありがとう」

弟子「前から聞きたかったんですけど、あなたは師匠と試合するためにここに来たんですか?」

女「……いや、違う」

女「これを渡すためだ」サッ

弟子「“つき合ってください”……これラブレターじゃないですか!」

女「…………」コクッ

女「だが、“突き合う”と勘違いされてしまった」

弟子「師匠は重度の武術脳ですからね……」

弟子「あおぐ扇は奥義、食べる葡萄は武道、と変換するなんて日常茶飯事ですから」

60 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/11/14(土) 15:52:21.792 ID:gIoh9ZpL0.net

<格闘ジム>

武術家「ここのオーナーに会いたいッ!」

受付「またあなたですか。トラブルの原因になるので……」

武術家「トラブルを引き起こしてるのはどっちだ?」ギロッ

受付「ひっ!」ビクッ

武術家「もう一度いおう。オーナーに……会わせてもらおう」

受付「わ、分かりました……!」

弟子(いつも温和な師匠が……明らかに怒ってる!)

58 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/11/14(土) 15:46:14.238 ID:gIoh9ZpL0.net

師範「ガラスを割る時は……肘をこの角度で!」パリィンッ!

師範「人の物をかすめ取る時は……こう!」シュッ

師範「衣服を掴まれた時は、こうやって指を折る! 一瞬で折れるぞ!」グイッ

オォ〜……

「すげえ……!」 「誰かに試してみたいな」 「あんな簡単に折れちゃうんだ」

弟子(教える技の内容も、ほとんど犯罪指南だ……!)

弟子(これが終わったら、すぐ師匠に知らせないと!)

51 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/11/14(土) 15:31:21.983 ID:gIoh9ZpL0.net

指導員「君は今日が初めてだったね」

弟子「はい」

指導員「じゃあさっそく、組み手をしてもらおうか」

弟子「え、いきなりですか?」

指導員「積極的に実戦させて、自信と度胸をつける! それが当ジムの方針だからね」

弟子「分かりました」

弟子(師匠なら、絶対こんなことしないだろうな……)

84 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/11/14(土) 16:45:07.752 ID:1JtRntP/0.net

このスレこの前もみた

21 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/11/14(土) 14:27:08.255 ID:LymJA5a3d.net

弟子一人しかいないのか

35 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/11/14(土) 14:57:07.597 ID:gIoh9ZpL0.net

武術家(いつもと違う服装だから、驚いてしまった)

武術家「えーと……えーと……」

弟子『服を褒めてあげた方がいいですよ』

武術家(弟子よ、アドバイスをありがとう)

武術家「いい服装だねッ!」

女「そうか」

武術家(特に効果なしッ!)

女(オシャレしてよかった。嬉しいな……)

3 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/11/14(土) 14:05:36.150 ID:N2GPjr6Cd.net

またあの荒らし来たりして

114 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/11/14(土) 17:48:01.440 ID:gIoh9ZpL0.net

ブワァッ!

突きをかわしつつ、今までで最大の跳躍。

兄「頭を砕いてくれるッ!」ブオンッ

武術家(手刀は……剣の如く!)

ガキィンッ!

武術家「ぐう……」メキボキ…

兄「!」

左手刀で蹴りを受け止め――

49 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/11/14(土) 15:29:03.687 ID:gIoh9ZpL0.net

弟子の入門はあっさり認められた。

<格闘ジム>

弟子(設備は充実してるなぁ。高そうなトレーニング器具がいくつもある)

弟子(ただ教え方が――)

指導員「武術・格闘技は使わなければ意味がない!」

指導員「鍛えた体を思う存分振るってみたい、それは当然の欲求なのである!」

弟子(なんだか、格闘技を積極的に使えって煽ってるような……)

53 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/11/14(土) 15:36:24.376 ID:gIoh9ZpL0.net

その後も――

弟子「はっ!」ドゴッ!

「ぐはぁっ!」

弟子「だりゃあっ!」バキッ!

「ま、参った……!」

組み手で勝利を重ねる。

オーナー「彼……いいねえ」

指導員「ええ、まだ中学生ぐらいでしょうに、高校生にも勝っています」

オーナー「ああいう素材を逃す手はない。特別コースに案内しよう」

指導員「特別コースに? まだ初日ですよ?」

オーナー「鉄は熱いうちに打て、というやつさ」

38 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/11/14(土) 15:04:21.838 ID:gIoh9ZpL0.net

……

武術家「いい映画だったね」

女「ああ、楽しかった」

武術家「ちょっと動きを再現してみようか。最後の主人公と悪の親玉との戦いを」

女「面白い」

向かい合い――

バババッ! シュバッ! シュババッ! バババッ! ババッ!

オォ〜……!

「すげえ動き!」 「なに、あの二人?」 「アクション俳優?」

ザワザワ…

81 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/11/14(土) 16:40:20.599 ID:gIoh9ZpL0.net

修行を繰り返し――

武術家「せやっ! はあっ!」

女「…………」フワッ

スパァンッ!

武術家「よし、だいぶ蹴りが見えてきた……」

門下生「先生、試合で負けちまったって聞いたけど、一段と気合入ってるねえ」

弟子「師匠は一度負けたぐらいで心が折れたりしませんから!」

125 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/11/14(土) 18:13:44.392 ID:gIoh9ZpL0.net

ザワザワ… ガヤガヤ…

「ちわーっす!」 「今日もお願いします!」 「稽古つけて下さい!」

中年「この道場で、心まで鍛えるんだぞ!」

息子「分かったよ、オヤジ……」

武術家「あの事件で評判が広まり、この道場もずいぶん賑やかになった」

武術家「君も指導に加わってくれて助かるよ」

女「いや、私も教わることは多いし、お互い様だ」

117 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/11/14(土) 17:54:06.353 ID:e0TtftFc0.net

荒らされなくても読む人は居ない カワイソス

120 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/11/14(土) 17:58:40.207 ID:aZvlzTVYr.net

もしもーしw

7 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/11/14(土) 14:09:43.906 ID:e9Z/iIk7d.net

前スレこれだよね?
どうして立て直したの?
過去スレをもう一度立てるの楽しい?

武術家「私と突き合ってくれ!? いいだろう!」女「いや、違う……」
https://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1604913165/

106 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/11/14(土) 17:30:02.603 ID:gIoh9ZpL0.net

ドガガッ! バキッ! ガッ! パパァンッ!

重く素早い突きの応酬。

武術家「ハァーッ!」

バキャアッ!

天狗面「…………ッ!」ピシ…

パキィンッ!

面が割れ、女の兄の素顔があらわになる。

武術家「天狗の鼻、ヘシ折ったり!」

兄「やるな」

女(兄さん……やはり私が知る頃より顔が険しくなっている)

武術家「その面、後で弁償するッ!」

兄「いや、しなくていい」

99 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/11/14(土) 17:15:48.729 ID:gIoh9ZpL0.net

弟子「ああっ……!」

武術家「くっ……(あの体勢から骨を折るとは……!)」

女「…………ッ」

細身「ヒヒヒ……女の骨折るのは初めてだぜぇ。俺の勝ちだな」

女「勝ち……? 私はまだ戦えるぞ……」

細身「おいおい、悪あがきすんなよ。お前はまだ俺に捕まってるんだぜ? これ以上は拷問になっちまう」

女「お前が体重が軽くてよかった……」

細身「?」

女「これなら――」

59 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/11/14(土) 15:49:10.781 ID:gIoh9ZpL0.net

<道場>

武術家「……やはり、そういうことか」

弟子「まずは普通にジムで稽古させ、見込みのある人は“特別コース”に案内してるようです」

弟子「それと、このプロテインをもらったんですけど……」

武術家「…………」ペロッ

武術家「うむう……なんて粗悪なプロテインだ!」

弟子(ひと舐めで見抜いた!)

武術家「しかも、興奮剤のようなものが混ぜてある。こんなものを飲んだら、気が荒くなる気に決まってる!」

弟子「やっぱり!」

武術家「これは……放っておくわけにはいかんな。すぐ抗議しに行く!」

112 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/11/14(土) 17:43:42.369 ID:gIoh9ZpL0.net

ズガァッ! ドゴォッ! ガッ! バキィッ! ズドォッ!

天狗の脚力から繰り出される猛ラッシュ。

武術家「ぐはっ……! ぐおっ……!」

ザワザワ…

武術家(凄まじい連撃だ……全身が砕けそうだ)

武術家(だが、やはり天狗は地上に降りるべきではなかったッ!)

ドゴォッ!

突きでのカウンター。

兄「ぐうっ……!」

弟子(打撃戦なら、師匠も負けてない!)

93 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/11/14(土) 17:00:47.892 ID:gIoh9ZpL0.net

武術家「せやぁっ!」ドゴッ!

大男「ぬるいぜェ!」

ズガァッ! ドガァッ! ドゴォッ!

大男の猛攻。

武術家(規模は問題ではないのだ……この巨漢は本当に自分が核兵器だと思っている!)

武術家(だからこんなにも思い切った攻撃ができる!)

武術家(俺は……自分の拳足をここまで信頼しているか?)

武術家(剣の如く槍の如くといいつつ……本当に思えているか?)

大男「スキありィッ!」

ドゴォンッ!

強烈なハンマーパンチが炸裂。

武術家「ぐはっ……!」ドサッ

92 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/11/14(土) 16:58:21.985 ID:gIoh9ZpL0.net

大男「お前んとこの道場では、自分の手足を剣や斧だと思うんだったよなァ?」

武術家「ああ、そのつもりだ」

大男「だったら俺は……核兵器だ!」

武術家「!?」

大男「おおりゃあっ!!!」ドドドッ

ドゴォッ!

武術家「ぐっ……!」ビリビリ

ガードした腕がきしむ。

武術家「核兵器とは……! スケールが違いすぎる……ッ!」

弟子「いやいや! ホントに核兵器だったらボクらみんな死んでますって!」

6 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/11/14(土) 14:09:01.392 ID:MzDGTYoe0.net

ズポォォォッ

105 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/11/14(土) 17:27:44.736 ID:gIoh9ZpL0.net

武術家vs天狗面――

武術家「この間の借りを返させてもらう!」

天狗面「不可能だ。空を舞う天狗を撃墜することは誰にもできない」

ジリ… ジリ…

恐ろしいほどの緊張感に包まれる。

武術家(今!)

天狗面(今!)

動くのは同時だった。

30 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/11/14(土) 14:48:16.205 ID:gIoh9ZpL0.net

弟子「そうだ、デートでも申し込んでみたらどうです?」

武術家「デート? ようするに逢引きか」

弟子「師匠はいつの時代の人ですか」

弟子「例えば、手を繋いでみるとか」

武術家「手を!? そんな……女性と手を繋ぐなどとんでもない! セクハラになってしまう!」

弟子「今まで散々組み手してるじゃないですか。拳で胸だって触ったでしょう」

武術家「しかし、女性を殴るならともかく、手を繋ぐなどあってはならんこと……」

弟子「普通、逆ですよね」

弟子「師匠、行動あるのみですよ!」

武術家「うむ……やってみるか!」

5 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/11/14(土) 14:07:11.808 ID:gIoh9ZpL0.net

武術家「弟子よ、立会いを頼む」

弟子「分かりました」

武術家「いざ勝負!」サッ

女「…………」

女(こうなったら私も武術家のはしくれ……やるしかない)サッ

弟子「始めっ!」

武術家(攻めてこないな……誘ってるのか? では、俺から突く!)ダンッ

武術家「せいっ!」ヒュオッ

間合いを詰め、鋭い突きを放つ。

9 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/11/14(土) 14:12:38.912 ID:gIoh9ZpL0.net

武術家(飛ばせると厄介だな……ならば!)

武術家(ローキックで足を!)ヒュオッ

ビシッ!

女「くっ……」

武術家(今だッ!)ダッ

フワッ…

女が再び跳躍する。

12 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/11/14(土) 14:14:25.826 ID:gIoh9ZpL0.net

――スパァンッ!

武術家「うぐはっ!」ドザッ

弟子「師匠!」

武術家「空手なら“一本”というところだろうな……」

武術家「俺の負けだ」

女「いや、私の負けだ」

弟子「え……え!?」

69 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2020/11/14(土) 16:13:04.665 ID:gIoh9ZpL0.net

天狗面「二人とも、待て」

大男&細身「!」

天狗面「三対一などつまらん……俺一人でやろう」

大男「お前が戦いたがるなんて珍しいな。“面食い”ならぬ“強食い”なのによ」

細身「ヒヒヒ、一目で気に入っちまったか?」

武術家(体格は俺と同じぐらい……が、強いッ!)バッ

天狗面「始めよう」

武術家「いざ勝負ッ!」

弟子(ものすごい緊張感だ……!)

おすすめの記事